嫌な人はきっぱり断る。その断り方とは?

仕事も順調になってきたけれどプライベートが充実していない。もうそろそろ家族も欲しいな、という風に考えているあなた。どんな手段で運命の人を探しますか?恋人がすでにいるのであればいいですが、いなければ「婚活サイト」であったり、「結婚相談所」といったものを利用しますよね。こうした様々な手段がある中で、有効な方法ってどれだとも追いますか?ずばり、お勧めなのが「婚活サイト」なのです。

 

「婚活サイト」というのは、会費を払うことによって自分の希望する人をデータベースから検索してくれて、連絡が取れるという仲介をしてくれるサイトのことです。これを利用する人が増えており、「婚活サイト」で出会って結婚したという人も増えているのです。特にお勧めになっているのが「ブライダルネット」という婚活サイトになります。これはアプリも配信している、気軽に婚活が出来るサイトになっています。

 

ただ、優秀な「ブライダルネット」であっても、お付き合いして合わないということは良く起きます。そういった時には、きちっと断ることが大切になります。断り方のポイントは、無視をするのではなく、丁寧にかつ簡潔に伝えることが大切です。例えば「何度かお付き合いさせていただいたのですが、ちょっと私には合わなさそうです。」と伝えれば問題はありません。そのため丁寧にかつ簡潔に断りを伝えるようにしましょう。そうしたら、優良会員が多いため、すぐに諦めてくれることでしょう。

 

もちろん、本当にあなたが嫌なら嫌と意思表示することが大事になります。中途半端な表現をしていると、それだけで相手も中途半端に理解して、都合のよいように解釈されてしまいます。そのため、あなたが本気で婚活をするのであれば、どのような人がいいのか明確にして、そして嫌なら嫌と言いましょう!それでは「ブライダルネット」で素敵な婚活を!